人と人魚の交流話 ~宇宙と海の間で~

(2017/11/10 情報をもらったので神女魚さんのイラストを追加)
画像



神室@紅葉国
お世話になっています。
23時からの生活ゲームをお願いさせていただきました、紅葉国の神室です。
まだTLで前ゲーム続行中ですが、数分前ですので待機させてください。宜しくお願いします。

芝村裕吏
使用したいデータがあればだしてね

神室@紅葉国
はい。
私は下記のアイドレスを着用しています。
大部品: 紅葉国の神室(T21) http://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=70155

また、今回話そうと思っている水乙女さんに関しては下記の種族アイドレスを登録しています。
水乙女(種族) http://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=122937

以上です


芝村裕吏
どこで話すよ

神室@紅葉国
えーと、以前の様子伺いのお話ですと、港かどこかの水辺で何回かお話していたそうなのでそこで。
水乙女と世間話の後、宇宙行きについて相談したい感じです。お互いの種族的にどういった風にしたら良いのかな、と。
可能なら。可能なら、T17付近の様子伺いで話しに出てた神女魚さんとお話したいですが…居ますでしょうか?

芝村裕吏
いるよ。

神室@紅葉国
ありがとうございますっ。では、港でも会えるので逢えばどこでも良いです!

芝村裕吏

/*/

ここは紅葉国の水中港だ。もうそろそろ区画ごと閉鎖される予定で、そのせいで活気がない。あなたがそこに訪れると海から神女魚が姿を見せた。

神室@紅葉国
きょろきょろと、うん、準備進んでるナー、と思いつつ。
「やぁ。神女魚さん?」と片手を上げて声をかけます。

芝村裕吏
あなたが声をかけると、寄ってきたよ。不思議そうな顔をしている。
綺麗な声だが空気中では高すぎて聞こえない。

神室@紅葉国
「やぁ、神室さんですよ、っと。暫く会えずに申し訳ない」
よっこいせ、っと近くに寄ります。
おっと、では。

大部品: 紅葉の小舟 RD:6 評価値:4 http://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=13025

所持しているこいつを浮かべて、海のところに浮かべましょう。
普段はどういうふうに会話していたかわかりますか?

芝村裕吏
海に浮かべた。水中に顔を突っ込むと、声が聞こえてきた。にこっと水の中で長い髪を揺らして彼女は笑っている。

神女魚:「陸の人はどうしたの?」

神室@紅葉国
おぉ、元気そうで何より。こちらも笑いかけます。
「うん。そこのところを伝えなきゃな、って思ってね。」

芝村裕吏
神女魚:「はい」
罪のなさそうな顔であなたを見ている。

神室@紅葉国
「これから引っ越しをするんだ。その準備をしてる所。」
「そろそろ空の上、宇宙に向かうことになるんだ。このでっかい船まるまま、どーんと。」
と、身振り手振りで、伝えます。ゆっくりと。
「だから、ここの海には人が来なくなる。…んだけども」

芝村裕吏
神女魚:「陸の人も海から離れはできないよ。だって、すべてのものは海からきたのだもの」
素朴な意見だった。

神室@紅葉国
「そうだなー。海は広いし、離れられない。陸からも離れられない。」
「けど、うん。自分たちは宇宙という海からも来てるからな―」
息継ぎしつつ。

芝村裕吏
神女魚:「……いけないよ?」
頑固な感じでそういった。

神室@紅葉国
「行ける。頑張ってる」と、むんす、と腰に手を当てて威張るように
「と、喧嘩しに来たわけじゃないんだった」
と頬をかいて。

芝村裕吏
神女魚:「行かない方がいいよ。海が悲しむよ」
彼女も悲しそう。

神室@紅葉国
「うぐぐぐ。海が悲しむ、かー・・・」

芝村裕吏
神女魚:「なぜ海を捨てるの?」

神室@紅葉国
「海が悲しんでくれるほど、愛してくれてたのか。ありがたいなぁ。」
としみじみと思いつつ。
「そこから話そうか。」「紅葉の国の人の夢について」

芝村裕吏
神女魚はこくこく頷いた。

神室@紅葉国
「紅葉国は、昔々からせっまい環境で過ごしてきた。いや、海に守られ、海のお陰で生き残り、猫的には気ままにフラッと行きたくもあるわけだ。」
「ほら、ギャンブル好きだったり、冒険好きだったりする人多いから。潜水艦で迷子になってたのを助けて貰ったこともあったし」

芝村裕吏
神女魚はうなずいた。

神室@紅葉国
「で、空を見上げた。」「あそこには無限の空間があるじゃん。うちら頑張れば頑張るほど、色んな所に行けるじゃん、と」
「先を目指さなきゃ、そこで終わりだ、って思った。」「母離れして、存分に広大な空間を旅して回りたい、って」
「そういったわけで、色々頑張ってる。ちょーがんばってる。皆で協力して、汗流して、時間いっぱい使って、ね。」

芝村裕吏
神女魚は顔をしかめて唇をぎゅっと絞ってる

神室@紅葉国
「あー、うん。」

芝村裕吏
回りたいってあたりでもう理解できないか、理解したくないという感じらしい。

神室@紅葉国
「まぁ、わからないかもしれないけども。でも、夢なんだよ。」「だから、海が嫌いなわけじゃない。」「むしろむっちゃ好きよ」
(息継ぎして)「恵みも貰ったし、守っても貰ったし」「こうして神女魚さんみたいな人たちにも会えたしね」

芝村裕吏
神女魚:「良くないと思うわ。好きと言いながら離れていくのは好きじゃない」

神室@紅葉国
「うん。それも…そうなんだけどなぁ」「でも嫌いになれるはずもなく」
「というわけで、全力で海も連れて行こうとはしてる。」

芝村裕吏
神女魚は顔をしかめて唇をぎゅっと絞ってる
神女魚:「それは池よ」

神室@紅葉国
「池かもしれない。でも海を思い出すことも、出来る」
「でも言いたいことはめっちゃよくわかるから苦しいんだよなぁ・・・」「ごふっ」
「神女魚さんは、陸の人もずっと海の中と上にいたほうが良いって思う、んだよね?」

芝村裕吏
神女魚:「海は狭くないよ。とても広いよ。南には凍り付いた海がある。東には生き物のいない海もある」
神女魚は歌うように四海の美しさを語った。

神室@紅葉国
聞き惚れます。聞き惚れはします。染み入るんでしょう、とても。
「わかった。妥協点を探そう」「折角対話できるんだから」

芝村裕吏
神女魚:「だからいってはダメ。大きな災いが起きるわ」

神室@紅葉国
「大きな災い。」
「・・・これまでよりも?」(海が凍ったり、巨人が追いかけてきたり

芝村裕吏
神女魚はうつむいた。海の中で髪が揺れている。
神女魚:「たぶん、だけど」
神女魚:「でも、きっと陸みたいになるわ」

神室@紅葉国
「陸、かー。今も守ってもらってるっぽいもんなぁ」「ただ。うん。」
「大きな災いが起こっても、陸の人は、ごめんな、夢追い人でギャンブラーばかりなんだ」とニカッとわらう

芝村裕吏
神女魚はしょぼんとした。

神室@紅葉国
「紅葉の人はそんな感じだし、自分もそれが好きだから止めないよ。決めたことだし、乗り越えたい。」

芝村裕吏
悲しそう。

神室@紅葉国
「うああああ」「いや、その、あの」

芝村裕吏
神女魚:「どうしてもいくのね」

神室@紅葉国
「違う、そうじゃなくて。悲しませようとしたんじゃなくて」
「行く。行く、けど。」
「一緒に、行って、くれませんか、って」ぱくぱく
「言いたかっただけなんだ」(がくり

芝村裕吏
神女魚:「池はいや」
神女魚は悲しそうにした後、顔をあげた。

神室@紅葉国
「駄目?陸回って見たくもない?」上目遣いで

芝村裕吏
神女魚:「寂しくないように毎日海の話をしてあげる。それなら遠いところにはいかなくてもいいわ」

神室@紅葉国
「めっちゃ魅力的で困る。」

芝村裕吏
神女魚は期待に満ちた顔をしている。

神室@紅葉国
「あー、うー。わかった、さっき言ったように折衷案。」
「一度に旅立たず、まだ海へいつでも行き来できる状態に、します。掛け合ってみる、から。」
「旅行!旅行に行かせて!」

芝村裕吏
神女魚は悲しそうな顔をした後で何も言わずに潜っていってしまった。
相当、なんというか、わがまま、というか。

神室@紅葉国
「んー。いや。」

芝村裕吏
あなたが顔をあげると、工事員のお姉さんが声をかけている。

神室@紅葉国
「だが、諦めはせんぞ・・・」「いつか宇宙の海に一緒に…!」
「あ、何でしょう?」
顔をタオルで拭きつつ

芝村裕吏
工事の女の人:「あんたー、ここはもう閉鎖するよー」
工事の女の人:「早く上がりなー」

神室@紅葉国
「おっと、了解。」「次似合うときにはここ以外の港で、っとメも残して置いておこう」
「ありがとう。職務ご苦労様です!」
よいしょっと、港の桟橋に上がります。
23:49

芝村裕吏
足を引っ張られて海に落ちた。
神女魚があなたを抱いて海の底に潜っていった。すごい速度だ。

神室@紅葉国
がぼがぼごぼ

芝村裕吏
あなたは拉致られた。

神室@紅葉国
「え、何、どうしたの」
あーれー

芝村裕吏

/*/

はい。お疲れさまでした。

神室@紅葉国
通信装置で一応はわかるはずですが、拉致られましたか

芝村裕吏
むぎゅっと抱かれて海に沈んだ。

神室@紅葉国
ルウシィ - 今日 午後11時51分
よし、神室さんだけおいていこう。

芝村裕吏
まあ、位置とかはわかるんじゃね。

神室@紅葉国
こんな感じに言われております。置いて枯れるかもしれません
ありがとうございましたっ。

え、これはT22開始時には拉致られて開始とかいうそういうことでしょうか?

芝村裕吏
せやな……

神室@紅葉国
せうですか・・・

芝村裕吏
まあ、泣いておうちかえるーとか言えばワンちゃんあるきがする

神室@紅葉国
拉致られてる間に宇宙の話とか取りまとめ役とかと仲良くするようにいっておいていただければ、と思うのですができますか?

大部品: 南国フルーツ RD:5 評価値:4 http://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=12982
(とりあえずの献上品

芝村裕吏
分かった。

神女魚、かなりの悪女レベルだな。

神室@紅葉国
めっちゃ困りました。

芝村裕吏
うむ。しかも可愛らしい。

神室@紅葉国
おのれ。離れたくないではないですか。

でも。可愛いので、えぇ。それと、技族的に申し訳ないのですが、神女魚さんの髪の色と下半身の魚部分の種類って教えていただけますでしょうか…?

芝村裕吏
髪の色は陸では暗い青、海では明るい青。下半身は膝下がくっついてる感じだね。

神室@紅葉国
だが、宇宙に行きたがる私も相当なダメ男ですので、えぇ。
ありがとうございます!>情報

芝村裕吏
わはは。ともあれお疲れさまでした。

神室@紅葉国
ありがとうございましたー。一応、離水改造計画には希望者はどんな種族であれ連れて行くという部品は付けさせていただきます!
後は、頑張れ、私。

楽しかったです…!では、失礼します!
23:58

芝村裕吏
ではー

================
<TLにて>
@idress
たぶんアイドレス始まって初。PCがACEに拉致られた。

ありがとうございました。まさか…あんなことになろうとは…。
すみません、聞き忘れてたのですが、評価を伺ってもよいでしょうか…?上がってないとは思うのですが

+2+2

https://twitter.com/siva_yuri/status/928639206716456961
https://twitter.com/siva_yuri/status/928640014925185025

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック